「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
AOPEN AX59Pro製品仕様のページ
http://aopen.jp/products/mb/ax59pro.html

ダウンロードセンターからBIOSやDriverが今でもDL可能。
ありがたいですね。古い製品なのに。
http://global.aopen.com/download.aspx

BIOSのUPDATE


32GB超えのHDDをつけるとPOST画面でフリーズしてたけど、このUPDATEで120GBのHDDでも使えました。
FDISKの問題のが面倒だったけど。
[PR]
ビデオの編集・エンコードはKdenliveに落ち着きそうです。
a0021920_1426878.jpg

以前のversionでいろいろと痛い目にあったけど今の15.12.3はかなり改善されててイイ感じ。
タイムライン上でのプレビューでズレがでたりするけど、つなぎ目だけレンダリングして確認すればOKだし。
細かい設定も気にしなくなってプリセットで十分。


GIMPにもなれた。というかショートカットキーが馴染んでしまった。
色塗りや仕上げはKritaに移行中。
a0021920_14262093.jpg

機能が多すぎて戸惑うコトもあるけど、もうちょっと使い込めばいけるはず。

落書きなんかはMypaint。
a0021920_14263774.jpg


家計簿はLibreOfficeになった。


KDE系のアプリ使用率が上がってるからKDE環境にしたほうがスムーズなのかなとも思うけど、すっかりUnityに慣れてしまったよ。あんなに毛嫌いしてたのに・・・

あとはiTUNESさえなんとかなればなぁ。
[PR]
Pioneer PL-J2500 を購入。
購入価格は7300円。

手元に残っているレコード音源をPCでキャプチャしてしまうぜーという”いたって普通な”目的です。

購入前に悩んだのは・・・
・実家に古いけど高級だったダイレクトドライブなプレーヤーが健在なコト。
(実家までレコードを持って移動するのが面倒・・・)
・ベルトドライブ式のプレイヤーは機械の駆動音も乗っかる・・・
(あきらめも必要だよねえ)
・直接MP3に変換できるプレーヤーもある!
(その機能のあるなしだけで価格が倍とかありえない)

などとウジウジ考えてたけど"聴けないまま腐らしてしまうより100倍マシ!"となり購入を決意。
フォノイコライザー内蔵なので、そのままPCのLINE入力へ接続すればいいし。


外箱
a0021920_15202459.jpg

開封直後
a0021920_15203351.jpg

本体
a0021920_15204350.jpg

本体2
(赤いリボンにベルトが引っ掛けてあるので、自分でセットする。)
a0021920_15205291.jpg

本体3
a0021920_15205947.jpg



数枚ほどキャプチャーしてみた感想。
・機械の駆動音が入らなかった!!(自分の耳がポンコツになってる可能性も大きいけど・・・)
これは想定外というか、嬉しい誤算というのか。
・回転数の微調整ができないけど、今のところ調整なしで大丈夫。(今後、部品が劣化してきたら変わるかもしれない。)

不安な要素はベルトの交換ができそうにないトコロ。
その時になったら再購入すればいいかって思える価格だけど、すでにこの製品が発売されて3年ほど過ぎてるようなので、生産終了間近なのかもしれないって想像してしまう。



とりあえず購入したって感じだけど、結果的にはすごく満足。
ちびちびとキャプチャしていきます。


おまけ。
a0021920_152198.jpg

即席猫ハウス@ヨドバシダンボール
[PR]
アヤメさんの出番

a0021920_4104050.jpg
a0021920_4104640.jpg


More
[PR]
今度はマリモさんメインで
a0021920_431381.jpg
a0021920_431927.jpg


More
[PR]
長い間、猫画像をあげてなかったので今回多めに放出。

まずはマリモ・アヤメが一緒のん。
a0021920_3574850.jpg
a0021920_3575935.jpg
a0021920_3581052.jpg
a0021920_3581839.jpg
a0021920_3582840.jpg
a0021920_3585378.jpg
a0021920_359629.jpg
a0021920_3591659.jpg
a0021920_3592499.jpg
a0021920_3593393.jpg
a0021920_3595162.jpg
a0021920_3595876.jpg


寒くなるとくっつく率があがるのだけど、暖房いれるとキックボクシング大会ですよ。
[PR]
Microsoft Windows Services for UNIX 3.5
*Windows Server 2003 R2以降はSubsystem for UNIX-based Applications (SUA)

WEBめぐりしてるとSFUにBashを導入しているのを見かけたので、さっそく真似っこです。

参照:
Windows/Interix : bashをコンパイル
@IT : XP SP2のデータ実行防止(DEP)機能を無効にする
wikipedia(JP) : Microsoft Windows Services for UNIX
Discypus : Windows/Service for UNIX
Microsoft TechNet : Windows Services for UNIX
InternetWatch : Windows Services for UNIX日本語版を無償提供
IT:Windows TIPS -- Tips:UNIX互換環境を実現するSFUを利用する
GNU Bash ソースのダウンロード
UNIXの部屋 コマンド検索: rehash
OSDN : Xming X Server for Windows


XPで使えるSFU3.5をダウンロード。
a0021920_15304680.jpg

ver3.5は無償で使えるようになっています。(2004年に無償提供開始)

Installが完了したらboot.iniをバックアップ&編集

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect /NoExecute=OptIn
  ↓変更後
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect /NoExecute=AlwaysOff

保存したらWindowsを再起動。


UNIX系の環境でいうHOMEディレクトリにあたるDocuments and Settingsの下にあるユーザー用フォルダーにソースを展開するとmakeできなかったので
/tmp に展開。
a0021920_1531748.jpg

% cd bash-4.2
% ./configure
% make
% make install

a0021920_15311690.jpg


cshでおまじない。
% rehash

普段使いPCのUbuntuよりtelnetでアクセス。(WindowsのFireWallの設定が必要よ)
a0021920_15312788.jpg


Xclientなソフトはあるけど、XserverがないのでXmingをInstallしてみましたわ。
a0021920_15313763.jpg

*Bash
export DISPLAY=(ホスト):(ディスプレイ).(スクリーン)
$ export DISPLAY=IPアドレス or host名:0.0

$ twm &
$ xterm &

などなど・・・

メモ。
[PR]
VM:VirtualBox
ゲストOS:WindowsXP

USB接続のペンタブレットのカーソルが表示されない。
マウスのカーソルは表示されている&表示されないだけでペンタブのカーソルは有効になってる。


解決した方法:
画面のプロパティ >> 設定タブ >> 詳細設定ボタン

モニターのプロパティ >> トラブルシューティング >> ハードウェアアクセラレータ(H)
最大から少し下げて適用ボタンを押したら現れた。

a0021920_273958.jpg

[PR]
以前このブログでメモしたGeForce FX 5800 ULTRAですが、あのあとそのままXP環境保存の為、すぐ使える状態のままスタンバイしています。

FX5800と言えば”騒音”が売りで(笑)ネタムービーがでてました。

今回、内部のほこり掃除のためにケースを開けたので、ついでに騒音を記録してみたのだけど。
やっぱりうるさいっす。夜中に電源入れると猫達が起きだしてしまうのよ。

[PR]
公式:OpenNT
http://www.opennt.net/
公式Screenshots
http://www.opennt.net/projects/opennt/wiki/Screenshots

紹介記事:Fun with virtualization
OpenNT – Windows NT 4.5
http://virtuallyfun.superglobalmegacorp.com/2015/11/16/opennt-windows-nt-4-5/

WindowsNT4系互換OSのようです。
たまたま見かけただけなので、詳しいコトは不明。
著作権的なコトがクリアされて、さらにMSからの支援とかあればいいのに。
[PR]