memo: GStreamer --Link

GStreamer概要
http://sourceforge.jp/magazine/03/06/16/1621207

古い記事だけど、アタマにすんなり入りました。

以下一部引用。
gst-launch filesrc location=music.mp3 ! mad ! osssink
とコマンドラインから打ち込んで実行すればよい。

このコマンドラインはGStreamerの処理単位である「エレメント」の3つ、filesrc、mad、osssink を「パイプ」で接続し、接続したもので「再生」を実行する、という意味である。エクスラメーションマーク「!」がパイプで接続することを意味する。なお、これらのエレメントはプラグインと呼ばれる動的モジュールに含まれており、実行時に動的にリンクされるようになっている。

さて、左から順に説明しよう。filesrcはlocationパラメータ(エレメントのプロパティ)で指定したローカルにあるファイルを読み込んで出力するエレメントである。

次にある madというのは MP3 形式のファイルを入力から受け取ってデコードして出力をする、つまり、MP3形式をraw pcm形式に変換するフィルタとしての動作を行うエレメントである。

最後の osssinkは入力データをOSSサウンドデバイスから出力するエレメントである。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
gst-inspectに引き数を与えずに実行してみてほしい。エレメントを提供するプラグインの名前、エレメントの名前、その説明、が表示されるはずだ。

[PR]