入りきらなかったのよん

続き

最終日
空港に向かう電車にも無事のれたし、今度は電気もつくし、途中何度もとまったりってコトもなくすんなりついた。列車をおりてすぐにカートもゲト!
あれ?奥様?かばんは?旅券やら財布やらパスポートやら・・・・ なに!?座席においてきただとぉおおおお!!!!!!
ダッシュ!ダッシュ!ダッダッダッシュ!!!!
座ってた席には3人の屈強そうな男と女性と荷物がぎっしり!
いきなりホームから飛び乗ってきて、肩で息しながら座席にきてにらみつけるオイラに若干動揺してる模様。おもいっきり”そのカバンオレのん!!” びくっ としたようだけど、きにせず今度はゆっくり指差して”マイ・・・ハァハァ(息継ぎ) マイ、バァッグ・・・”
そこでいったん深呼吸。
すると、女性が”オ~ウ!ホゲラホゲラ~”としゃべりながら下敷きになってるカバンをオイラに渡すように指示してくれたみたい。だけどジレッタイのでぎゅうぎゅうの中に身を乗り出して、カバンを奪取。そしてなぜか、少林寺拳法やってたときのクセなのか、必要以上にキレイな合掌をして軽く頭を下げながら”ありがとう、助かりました”!”と大声で叫び、一呼吸おいたのちその場から走りさりました、走りながら中身のカンタンなチェック。一応必要なモノはあるようだ・・・ほんとやってくれるぜ奥様。でも、よく無事だったなオレ。向こうもビビッただろうなぁ。日本語で叫ばれても怖いだけだったカモ
[PR]
by tenten909 | 2004-10-15 00:26 | 雑文