根付

時々おいらがかってくるおもちゃを奥様がほしがるコトがある。
ちょっと手を加えて、着物着てでかける時に根付として使ってるのだそうだ。それでちょっと気になって根付について調べてみたら、明治・大正以降はどんどん衰退して日常生活から消えていったそうだ。一部は海外のマニアや国内のマニアに支えられ骨董として芸術品としての価値を与えられ生き延びてるみたい。また製作側(いわゆる職人さん)も特殊な位置付けになる様子。もっと皆に使ってほしいというコトバが並ぶ一方で、そういう職人さんや名の通った人の手によるモノでないと認めないような風潮もある様子。

そんな流れを気にするコトなく、自分がカワイイと思ったものを自分の手で根付として生まれ変わらせて使っている奥様のその態度を改めてカッコイイと感じましたよ。本人が居ない時にかぎってそゆコト思ってます。

デジタル系なデータばっかりじゃなく、奥様を見習ってこの手で触れるモノを作ってみようかなぁって
[PR]
by tenten909 | 2004-10-24 23:54 | 雑文