Fedora 11 KVM(仮想マシン)が起動しない :memo

以前CPU換装後にKVMのGUESTマシンがうまく起動しなくて色々やってるうちになんとなく動いてしまったので放っておいたのですが、ちょっとトラブルがありKVMのHOSTマシンを再起動すると、やっぱり動かない。症状再現です。
BIOSをじっくり見直してみましたが、問題になりそうなところはありません。

# lsmod | grep kvm
kvm_amd 30876 0
kvm 152920 1 kvm_amd
普通に返ってきます。

/var/log/messages を眺めていると
Jun 23 07:14:08 KVMsrv avahi-daemon[1622]: Withdrawing address record for fe80::
7ca7:1fff:fe18:9938 on vnet0.
Jun 23 07:14:08 KVMsrv kernel: br0: port 2(vnet0) entering disabled state
Jun 23 07:14:08 KVMsrv kernel: device vnet0 left promiscuous mode
なにやら怪しい雰囲気です。

試しに
# /etc/rc.d/init.d/avahi-daemon stop
Avahi デーモンを停止中: [ OK ]

で仮想マシンを起動すると無事起動!!
あたりか!?
んじゃ、もう起動しないでねと
[root@KVMsrv ~]# chkconfig avahi-daemon off
[root@KVMsrv ~]# chkconfig --list avahi-daemon
avahi-daemon 0:off1:off2:off3:off4:off5:off6:off

しばらくコレで様子をみます。
[PR]
by tenten909 | 2011-06-23 07:28 | PC-Unix等