軽量WEBサーバー mongoose を試してます

Mongoose - Embeddable Web Server : http://cesanta.com/index.html
a0021920_1582628.jpg

Downloadページへいくと実行ファイル等はWindows/Mac用が準備されています。
それ以外のOSはソースから自力でバイナリを生成しろよゴラァって感じ。
a0021920_1583514.jpg

mongoose-tiny-4.1.exe
最小限のhttpd。45kbしかない!

mongoose-4.1.exe
説明どおりでCGI, SSI, WebDAV, ACL, Rewrite,SSL, Lua Server Pages, SQLite機能あり。

mongoose-php-4.1.zip
Minimal php bundle : php5の機能を最小限もってるよってところでしょうか?
解凍するとmongoose-4.1.exeと同じサイズの実行ファイルが入っているので、おそらく同等品。

いろいろ試したいのでmongoose-php-4.1.zipをいじります。
解凍したところ。
a0021920_159356.jpg

ダブルクリックで起動すると初回起動時にWindowsセキュリティの重要な警告ダイアログが開きますので"アクセスを許可する(A)"をクリック。
a0021920_1591788.jpg

起動すると画面右下のタスクトレイを確認または、▲ボタンをクリックしてマングースのシルエットのアイコンをクリック。
a0021920_1593183.jpg

Edit SettingをクリックするとMongoose settingsウィンドウが開きます。
a0021920_1510537.jpg

ここで設定した内容はmongoose.confという設定ファイル(テキストファイル)で保存されます。テキストエディタでも編集可能。
a0021920_15101899.jpg

最初は最低限の確認と設定。
access_log_file:保存先ファイルを指定
error_log_file:保存先ファイルを指定
listening_ports:80を追加

docment_root:[...]ボタンを押して初期設定を確認

つぎに表示テスト用HTMLファイル(index.html)を作成してdocment_rootに設定されていたフォルダーへ放り込みます。
a0021920_15103159.jpg

WEBブラウザでlocalhostと入力して表示されるか確認します。
a0021920_15104158.jpg

表示されない場合はmongooseのポートの設定とWindowsファイヤーウォール見直してください。
[PR]
by tenten909 | 2013-09-14 15:12 | Windows