ぐぬぬ…

クラウドWatch : キヤノンITS、韓国SECUIが開発したUTMの仮想アプライアンス版を販売へ
引用
キヤノンITソリューションズ株式会社(以下、キヤノンITS)とトライポッドワークス株式会社(以下、トライポッド)は9日、ネットワークセキュリティ分野で提携すると発表した。協業の第1弾としては、キヤノンITSが、トライポッドが日本語版の開発とサポートを担当するUTM(統合脅威管理)製品の仮想アプライアンス版「SECUI MF2 Virtual Edition」を、2014年1月より販売開始する予定。

 「SECUI MF2 Virtual Edition」は、韓国SECUI(セキュアイ)が開発したUTM製品「SECUI MF2」の仮想アプライアンス版。ファイアウォール、VPN、ウイルス対策、IPS(不正侵入防止)、DDoS対策、URLフィルタリング、スパムメール対策、アプリケーションコントロールといったセキュリティ機能が統合されている。


IT用語辞典 : UTMとは

開発元がサムスングループの韓国企業っていうので、どうにもモヤモヤした気持ちになるんですが…
国内向けに調整する時にいろいろとチェックはされていると願うばかり。

日本を仮想敵国としている国の製品っていうだけで不安要素がてんこ盛り。
そのあたりのイメージについては考慮されているのかしら。
[PR]