だがノートPCだ…

PC Watch : 日本HP、3,200×1,800ドット/タッチ液晶搭載の14型ノート
引用
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は18日、個人向けPCの2013年冬モデルを発表した。本記事では、3,200×1,800ドット(QHD)表示に対応した14型ノートPC「HP ENVY14 TouchSmart Sleekbook」を紹介する。
 同時発表された「HP ENVY17 Leap Motion SE」がLeap Motionを取り入れて次世代インターフェイスの利用を推す先進的なものであるのに対し、本製品は現在日本市場で出回っている約2割のノートPCがフルHD(1,920×1,080ドット)以上の高解像度であることに着目し、トレンドを踏まえたモデルとなる。

 主な仕様は、CPUにCore i5-4200U(1.6GHz)、メモリ8GB、GPUにGeForce GT 740M(2GB)、750GB HDD+24GB SSD(キャッシュ用)、QHD表示/マルチタッチ対応14型ワイド液晶ディスプレイ、OSにWindows 8(64bit)などを搭載。販路は量販店、発売は10月25日より順次、店頭予想価格は140,000円前後の見込み。



3200x1800ドット!というだけでセンサーがピクピクするんだけど、だけどノートPC。
どうしてデスクトップ用モニターでこの解像度のモノが出てこないのか。

前にも書いたけどコンテンツ作成サイドとしては高解像度は必須なのに…

モニターの大きさは20inch前後でいいので、高解像度のモノを出してほしいなぁ。
[PR]