PCem XT/AT emulatorをいじってます。

Toms page / PCem

PC XT/ATのエミュレータ。
配布されている素の状態だとPC-XTとして動作。

初回起動時には設定みなおせよー的なメッセージがでます。
a0021920_19543391.jpg
BIOSを抜き出して用意すれば486なATマシンへ華麗に変身っ!!
a0021920_19544769.jpg

Number Nine のVGA BIOS(S3チップ)
a0021920_19545828.jpg
AMI 486WIN BIOS
a0021920_19550948.jpg
HDDイメージファイルの作成はCHSで指定。
a0021920_19552221.jpg
*DOS/V(日本語対応DOS)をインストール時は日本語のキーボードを指定すると動かなくなるので注意。
JP keyboardのドライバは鬼門みたいですね。

最近はどのPCエミュも実用的な機能がメインで遊び心はイマイチ刺激されないんですよ。
AT互換機エミュと言いながらDOSやWin9x系の機能の一部が使えなかったりとかさ・・・

その点PCemは古いPCを再現する事がテーマのようなので、遊び心がウズウズです!

PCemの難点(といってもまだ触って1日しかたってないけど)
01.CDimage(.iso)ファイルを直接扱えない。
02.HDDイメージがベタファイルっぽい。(ファイルサイズが大きくなるのよね・・・)
03.Network関連が使えない。


DOS時代の洋ゲーをたくさん眠らせてる人にはきっと楽しいPCエミュ。


PCem:log



[PR]