SFU に Bash (メモ)

Microsoft Windows Services for UNIX 3.5
*Windows Server 2003 R2以降はSubsystem for UNIX-based Applications (SUA)

WEBめぐりしてるとSFUにBashを導入しているのを見かけたので、さっそく真似っこです。

参照:
Windows/Interix : bashをコンパイル
@IT : XP SP2のデータ実行防止(DEP)機能を無効にする
wikipedia(JP) : Microsoft Windows Services for UNIX
Discypus : Windows/Service for UNIX
Microsoft TechNet : Windows Services for UNIX
InternetWatch : Windows Services for UNIX日本語版を無償提供
IT:Windows TIPS -- Tips:UNIX互換環境を実現するSFUを利用する
GNU Bash ソースのダウンロード
UNIXの部屋 コマンド検索: rehash
OSDN : Xming X Server for Windows


XPで使えるSFU3.5をダウンロード。
a0021920_15304680.jpg

ver3.5は無償で使えるようになっています。(2004年に無償提供開始)

Installが完了したらboot.iniをバックアップ&編集

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect /NoExecute=OptIn
  ↓変更後
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect /NoExecute=AlwaysOff

保存したらWindowsを再起動。


UNIX系の環境でいうHOMEディレクトリにあたるDocuments and Settingsの下にあるユーザー用フォルダーにソースを展開するとmakeできなかったので
/tmp に展開。
a0021920_1531748.jpg

% cd bash-4.2
% ./configure
% make
% make install

a0021920_15311690.jpg


cshでおまじない。
% rehash

普段使いPCのUbuntuよりtelnetでアクセス。(WindowsのFireWallの設定が必要よ)
a0021920_15312788.jpg


Xclientなソフトはあるけど、XserverがないのでXmingをInstallしてみましたわ。
a0021920_15313763.jpg

*Bash
export DISPLAY=(ホスト):(ディスプレイ).(スクリーン)
$ export DISPLAY=IPアドレス or host名:0.0

$ twm &
$ xterm &

などなど・・・

メモ。
[PR]
by tenten909 | 2016-01-22 15:31 | Windows