日記ってのは

日記ってのは本来、公開される事のない文章なはずなんだけど、インターネット上にはたくさん日記があふれてる。自分もそれに近いスタンスで書いているわけだけど。
書いて公開したところで、メリットなんてない。むしろ余計な感情をサラッと吐露してしまって思わぬ騒ぎだって起こしかねない。
それでも、なぜか誰が読むとも知れないコノ空間に自分の今を刻みつけたいって瞬間がなんどもあって、その衝動はなかなか抑えられなかったりする。
他の人がどういう理由で文章を公開しているのか分からないけど、ボクは有益な情報を流したくて書いてるわけじゃない。
自分の傷痕をさらしてみたり、うれしいコトを書きとめたり。ほんといろいろ。

前向きで、面白おかしい文章を書いておけば読む側にも喜びを与えられるのかもしれないけど、毎日毎日が大ハッピーの連続ですってな人生を送ってないので、どうしてもダークサイドが現れちゃう。これでもかなりセーブしているんだけどね。
ボクはハッキリと傷ついてる。そういう人生を歩んできたからだけど。傷をつけた側はカケラもそんなコト覚えてないんだろうね。そういうボクもまた知らないうちに誰かを傷つけてるのかもしれないし。生きるってのはやっぱり残酷なゲームに思えてしまう。

ちょっとしたハッピーは毎日ちょこちょこあるんだけど、それをいくつも積み上げていつかイヤなコトばかりの毎日を覆してやりたい。いや、小さいな。世界を壊してでも、自分がハッピーになりたい。そのための武器が欲しい。このテキストがそのための武器になる日がくるのかな・・・
[PR]
by tenten909 | 2005-09-12 22:23 | 雑文