smpatch メモ

以下、引用。
smpatchでSolaris10を最新の状態にする
Sun Onlineのアカウントを/tmp/registrationprofile.properties等のファイルに記述する。

userName=hogehoge
password=mogemoge
hostName=
subscriptionKey=
portalEnabled=false
proxyHostName=
proxyPort=
proxyUserName=
proxyPassword=

# sconadm register -a -r /tmp/registrationprofile.properties

コマンドが成功するとsmpatchが実行可能な状態になる。とりあえず、必要なパッチを調査するには、

# smpatch analyze

アップデートを適用するには、

# smpatch update



Solaris10でパッチのインストール

bash-3.00# cd /var/sadm/spool
bash-3.00# ls
118346-01.jar 119075-06.jar 119831-01.jar
118370-02.jar 119374-02.jar 119850-01.jar
118371-03.jar 119685-02.jar cache
118550-01.jar 119689-02.jar disallowed_patch_list
118564-02.jar 119828-01.jar patchproSequester

bash-3.00# smpatch add -x idlist=disallowed_patch_list -d /var/sadm/spool

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最新版では必要ないのかもしれない…
[PR]
by tenten909 | 2009-04-14 05:49 | PC-Unix等