退院

心臓カテーテルアブレーション手術としては、めずらしく3時間以上予定をずれ込んで終了。(6時間ほどオペ室に監禁されてました。)

入院中、まったく不整脈がでなかったのだ。
ただの不整脈としても、数が多いって言われてたのに。
手術を決心したのは、危険な兆候のタイプの不整脈が複数回記録されてたから。
だけど、手術中は不整脈そのものが検出されないので、かなり大変だった。

薬で脈を限界まであげられたり、心臓に直接刺激信号送ってみたり…

聞こえてくるのは「若いから大丈夫でしょ?」「あ、だいたいその辺です。たぶん」「もうちょっとあげてもOKじゃない?」「う〜ん、どうしよ。やめとく?」とか、なんとも不安になる言葉。
意識がある状態の手術って心にわるいねえ。

ま、でも、なんとか退院。
前回行ったモスバーガーでプチ退院祝い。味がある食べ物だ!!!
a0021920_2141331.jpg

[PR]
by tenten909 | 2009-10-11 02:14 | 雑文