<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2004年から2012年末までやたらと詳細を覚えてる夢が増えました。
最初は楽しんでいたのですが、夢の世界の記憶と現実の記憶がゴチャゴチャになる場面が何度かあったので、覚えていても記録(メモ)したりせずにいました。忘れたほうがイイと思ったからです。
それでも何度も見ているうちに夢の中の世界はどうも3つあるなぁと気がつきました。
といっても基本関西地方(京阪神地区)がメインの舞台なんですが、どうにも世界の様子が違います。
3つの夢世界のうち1つは見る頻度が少なかったせいか情報が少ないです。
どういうわけか3つの夢世界のうち最も過酷な世界での自分が死んでしまったとたんにこれらの夢は見なくなりました。

別に夢を見たからと言って予知ができたりとかはないのです。
ただ異常なほど作り込まれた世界で覚えている地図や路線図も広範囲なモノでした。
夢の世界の記憶と現実の記憶がゴチャゴチャになる場面と言うのは、実際の交通網と夢世界の交通網に共通点が多くて「あ、次の駅が●●だったな」って思っていたら実際にはそんな駅は存在しなくて面食らったとか、そんなレベルです。

知り合いの漫画家さんになんとなく夢の事を話したら、おもしろいから何か記録するべきと言われたので、完全に忘れてしまう前に、こうして記録してみようかと思い立ちました。ただ見なくなって4ヶ月ほど経過しているうえ古いモノは2004年の事なので、徐々に記憶が風化しています。

文章で記録っていってもなにか楽しい物語が展開するわけじゃないです。
基本的に夢の中の自分も生活していたんで。w
夢の中で見た事、聞いた事、その世界の独自な部分とかを書き出すのがやっとだと思います。
やたら正確に覚えているのに、なぜか文字の情報は記憶がないです、目にしていた記憶はあるのですけど。
夢の中の同僚や友人との会話も聞こえてるというより頭に入ってきて理解した情報を受け取るという感じが多かったです。
あ、何人かは実在の人物も出てきました。関係性は現実と大差はなかったですけど。

基本たわごとなんで、そういうのが苦手な方はご遠慮くださいませ。w

More
[PR]
by tenten909 | 2013-04-22 01:02 | 雑文