<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

電源ボタンとすぐ下のボリュームボタン(下げる方)を長押し。
長押し。大事なので2回かきま(ry

長押しが思い出せず、ぜんぜんスクリーンショットが撮れなくてイライラしてました。
[PR]
PDP-11と言えばUNIX誕生話でよく聞く名前ですが、UNIX誕生当時ですら"あまっていたマシン"らしいので、すばらしい機体であっても今のマシンからみて性能的に残念なのは容易に想像できます。そんなPDP-11がGEの原発で今もなお稼働中って記事に遭遇しました。
DECはCompaqに吸収されさらにHPに吸収されアルファシリーズも終焉間近なワケですが、保守用の部品とかどうしてるんでしょうか?技術者の方々も高齢でしょうし。不安材料てんこ盛りです。(汗)

wikipedia:
PDP-11
DEC (Digital Equipment Corporation)

Compaq


日本語記事:マイナビ
原発で稼働するミニコン「PDP-11」、2050年まで運用予定
http://news.mynavi.jp/news/2013/06/21/215/index.html

(*゚∀゚)ゞカガクニュース隊:原発で今も稼働する16bitミニコン「PDP-11」 この先2050年まで運用予定
http://www.scienceplus2ch.com/archives/4504448.html
[PR]
やっと使える感じのアプリに出会ったので、メモ。

Ubuntuソフトウェアセンターからインストール可能。
a0021920_13102857.jpg

新規作成プロファイル。
出力時設定
HD 720p 23.98fps(アニメ設定[24fps])
(1080i 23.98fps も検証中)
a0021920_13104029.jpg


プロファイルと編集ムービー素材の不一致のため変更をうながされますが、キャンセルします。
a0021920_13113586.jpg



出力(レンダリング)設定。
H.264
ビデオ:1500
オーディオ:192 オーディオのエクスポートにチェック。
完全プロジェクト
a0021920_1311429.jpg


24分でおおよそ300MB。
30fps > 24fps へ変更しても今のところ音ズレなし。
[PR]
by tenten909 | 2013-07-17 13:11 | PC-Unix等
YouTubeでおかしな動画に出会うと、どうしてもローカルに保存して見直したくなる時がありますよね?
そういう要望に答えるアドオンです。
有名どころなので、いまさら説明ってワケでもないですけれど。メモです。

FireFoxのアドオンなので、WindowじゃなくLinux(Ubuntu)でも使えるのが個人的にポイント高めです。
アドオンの入手はFirefoxで下記URLにアクセスしてFirefoxに追加ボタンを押すだけです。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/video-downloadhelper/
a0021920_202346.jpg




アドオンが有効になったら目的の動画のページでFirefoxのツールメニューから操作するだけです。
ツールメニューからだけでなく、マウスを右クリックしても同様です。
a0021920_2021391.jpg

[PR]
昔DVD等にバックアップをしていたムービーファイル(DivXのaviファイル)が何故かうまく再生できなくなっていました。
何が原因で壊れたのかわかりませんが、とにかく再生できるように修復してみます。

今回使ったソフトは"DivFix++"です。
http://www.divfix.org/index.php

ダウンロードのページからzipで固められたファイルを落として解凍すれば準備OKです。
a0021920_18451227.jpg
起動すると英語表記なので、まずはPreferenceボタンを押してJapaneseを選択し"X"ボタンを押してダイアログを閉じれば日本語メニュー化終了です。
a0021920_18453369.jpg



いよいよ修復作業です。
ファイルを追加ボタンで修復したいファイルを選択。
a0021920_1846610.jpg
あとは修復ボタンをおせば修復開始です。
a0021920_18463151.jpg

修復されたファイルは別名で保存されています。

それでもうまくいかない場合は不良パーツを除去と元ファイルを保持のチェックをはずして
インデックス削除ボタンでインデックス情報を削除すればうまくいく場合もあります。当然ダメな場合もあります。
インデックス削除をすると元ファイルに上書きされるので注意が必要です。
a0021920_18465211.jpg

[PR]
by tenten909 | 2013-07-06 18:46 | Windows
4月のWindowsUpdate後あたりからVISTAマシンの挙動がおかしく感じていましたが、5月のUpdate後、その症状がどんどん酷くなり、今現在もなにか1つでもアプリを起動していると15分で100秒以上時計が遅れてしまうという状態です。
気がつかずに放置していると何時間も遅れてしまい、時間の情報を見ているアプリが誤動作したり起動できなかったりと散々な状態です。

いまはフリーのツールで15分おきに時間を合わせるようにしていますけれど、それでも15分後には100秒以上遅れてる事が多いので正常に動作できないアプリ達があり困っています。

最初はハード的に部分も疑って内部電池の交換等もしてみましたが効果なし。
次はネットに接続しにいく事が前提になっているようなアプリをできるだけ削除しました。(特に常駐モノは効果がありました。)

今はアプリは一つの作業が終了とともに、ちゃんと終了させる。
アプリ終了後も時間の遅延が生じる事もあるので、その場合はシステム再起動。

と言った具合で、数時間で2、3回はシステム再起動とか面倒な事になってます。
マシンを交換すればいいじゃんという意見もありますけれど、この作業環境を再構築するのって丸まる1日作業になってしまうんで気が重いのですよねえ。


なにか根本的な解決方法はないものなんでしょうか…
[PR]
by tenten909 | 2013-07-06 12:42 | Windows