MidnightBSD
ユニーク? 現行のデスクトップOSとは違う方向性を目指す - MidnightBSD 2007/08/08
引用:
KDE/Gnomeを使った統合環境ではなく、WindowMaker/GNUstepをベースにして扱いやすいUIを実現していくとしている。

a0021920_2114540.jpg
a0021920_2131077.jpg

[PR]
by tenten909 | 2012-09-29 21:14 | PC-Unix等
FreeBSD 9.0 Release にて
pkg_add -r firefox
でFirefoxをインストールしたのですが、
Shared object "libpng.so.6" not found, required by "libcairo.so.2"
とエラーメッセージが出て起動できません。
a0021920_4282616.gif
ググってもなかなか有効な書き込みに出会えなかったのですが/etc/libmap.confを作ってみる方法が有効かもしれないので試してみました。
参照ページ:
gihyo.jp » ADMINISTRATOR STAGE » FreeBSD Daily Topics » 2010年3月29日 zlibのバージョンアップとそれに伴う問題の解決方法
http://gihyo.jp/admin/clip/01/fdt/201003/29
libpng.so.6より新しいファイルらしきモノがある事を確認。
a0021920_4371913.jpg
vi /etc/libmap.conf
libpng.so.6 libpng15.so
上記内容で保存。
a0021920_4381092.gif
Firefoxさんを無事動かせました!!
a0021920_4391432.gif

[PR]
by tenten909 | 2012-09-24 04:40 | PC-Unix等
参照サイト:
Sourceforge CDE > wiki > FreeBSDBuild
http://sourceforge.net/p/cdesktopenv/wiki/FreeBSDBuild/
FreeBSDサーバー構築マニュアル
http://freebsd.server-manual.com/
BSDにくびったけ/portsnap
http://wiki.fdiary.net/BSDmad/?portsnap
ttt/(FreeBSD) 最近、portversionの表示が変わりましたよね? ~ -Fオプションが必要
http://nhh.mo-blog.jp/ttt/2008/08/freebsd_portver_78c6.html


FreeBSDのインストールはこちら”FreeBSDサーバー構築マニュアル”が詳しいので参照してみてください。

lib32が導入されていること(amd64の場合)、/etc/hostsの確認。portsnapでporttreeのupdate.

portsnap fetch && portsnap extract && portsnap update
portsnap extract は最初の1回目だけでいいとのこと。
portversion -vL=

とここでportversionなんてコマンドないよーっとメッセージがでたので、
pkg_add -r ruby
pkg_add -r portupgrade

rubyはportupgradeと依存関係にある。
portversionはportupgradeと一緒に導入される。


あとはwikiの記述にしたがって粛々と作業を進行。
pkg_add -r xorg
kvm-qemuでは
pkg_add -r xf86-video-cirrus
pkg_add -r xf86-video-fbdev
も必要。

pkg_add -r git
pkg_add -r iconv
pkg_add -r bdftopcf
pkg_add -r libXp

cd /usr/ports/shells/ksh93 && make
make install

cd /usr/ports/x11-toolkits/open-motif
make
make install

/usr/local/include/Xm/Xm.h
#ifndef PRINTING_SUPPORTED
#define PRINTING_SUPPORTED 1
#endif


Add to /etc/rc.conf

hald_enable="YES"
dbus_enable="YES"
rpcbind_enable="YES"
rpc_lockd_enable="YES"
rpc_statd_enable="YES"


git clone git://git.code.sf.net/p/cdesktopenv/code cdesktopenv-code

cd cdesktopenv-code/cde
mkdir -p imports/x11
ln -s /usr/local/bin /usr/local/include /usr/local/lib imports/x11
mkdir -p imports/motif/include
ln -s /usr/local/include/Xm imports/motif/include



cd cdesktopenv-code/cde
make World



cd cdesktopenv-code/cde/admin/IntegTools/dbTools
./installCDE -s /path/to/cdesktopenv-code/cde




mkdir -p /etc/tt
cp cdesktopenv-code/cde/programs/tttypes/types.xdr /etc/tt



root:
ldconfig -m /usr/dt/lib

user:
export PATH=/usr/dt/bin:$PATH
export LANG=C
↑は~/.cshrcに
set path に /usr/dt/bin を追記。
setenv LANG C を追記。
source ~/.cshrc


startx /usr/dt/bin/Xsession

一応、できたよ~
a0021920_10414715.jpg
dtloginも起動してみた。
a0021920_10421915.jpg

[PR]
by tenten909 | 2012-09-22 10:42 | PC-Unix等
参照:FreeBSD Update

最近のリリースでは、 freebsd-update というコマンドが標準で付いているそうです。
#freebsd- でtabキーにて補完されます。

パッチをダウンロード。
# freebsd-update fetch
ダウンロードしたパッチをインストール。
# freebsd-update install

アップグレード。
# freebsd-update -r 8.1-RELEASE upgrade
(質問がいくつかある。)
a0021920_20391072.gif

# freebsd-update install
# shutdown -r now
# freebsd-update install
↑再起動後にもう一度コマンド実行。
[PR]
by tenten909 | 2010-07-24 20:25 | PC-Unix等
GhostBSD
FreeBSDベースのLiveCD(Gnome環境)。
とりあえずVMで動作確認。
GnomeのメニューにはHDDへのinstall用のアイコンなどは見当たらず。
sysinstallを実行するとFreeBSDって表示が出ちゃうし…コレはハズレなんでしょうね。
su - はパスワードなし。
メモリは512MB割り当てないとちゃんと起動できませんでした。
a0021920_21114112.jpg
なぜかBSD関連はあきらめきれないので、情報を集めてから再度チャレンジしてみるつもりです。
[PR]
by tenten909 | 2010-07-17 21:13 | PC-Unix等
参照サイト
第3回 freebsd-updateで楽々リリースサーフィン
FreeBSD 8.0-RELEASE Announcement

FreeBSD Upgrade ちう。
# freebsd-update -r 8.0-RELEASE upgrade

こんなカンタンなコマンドがあるなんて!!
a0021920_1661011.gif
アスキーアート?(@_@
a0021920_16252784.gif


# freebsd-update -r 8.0-RELEASE install
# freebsd-update install
# shutdown -r now
# freebsd-update install
[PR]
by tenten909 | 2009-11-28 16:02 | PC-Unix等
ユーザーの追加が adduser だから、deluser かなって思ったら違うみたい。
rmuser というコマンドらしい。

参照ページ
FreeBSD man:RMUSER
[PR]
by tenten909 | 2009-07-11 19:21 | PC-Unix等
FreeBSD UTF-8 再度チャレンジ参照したページでは adduser.conf に設定を追記し、pw コマンドを使って User を追加する方法が書かれていましたが、自分の環境には adduser.conf がない(汗)
で、調べてみました。
FreeBSD man:ADDUSER
によると adduser に -C オプションをつけて実行すれば生成してくれるとのコト。

# adduser -C
Uid (Leave empty for default):
Login group []:
Enter additional groups []:
Login class [default]:
Shell (sh csh tcsh bash rbash nologin) [sh]: tcsh
Home directory [/home/]:
Home directory permissions (Leave empty for default):
Use password-based authentication? [yes]:
Use an empty password? (yes/no) [no]:
Use a random password? (yes/no) [no]:
Lock out the account after creation? [no]:
Pass Type : yes
Class :
Groups :
Home : /home/
Home Mode :
Shell : /bin/tcsh
Locked : no
OK? (yes/no): yes
Re-edit the default configuration? (yes/no): no
Goodbye!

# ls /etc/a
adduser.conf aliases@ amd.map apmd.conf auth.conf

お。できてる♪
では早速、お手本のページにならって
#vi /etc/adduser.conf
# Configuration file for adduser(8).
# NOTE: only *some* variables are saved.
# Last Modified on Sat Jul 11 16:56:49 JST 2009.

defaultHomePerm=
defaultLgroup=
defaultclass=
defaultgroups=
passwdtype=yes
homeprefix=/home
defaultshell=/bin/tcsh
udotdir=/usr/share/skel
msgfile=/etc/adduser.msg
disableflag=
uidstart=1003
~
~
/etc/adduser.conf: 17 lines, 343 characters

defaultclass=japanese に変更。
[PR]
by tenten909 | 2009-07-11 19:13 | PC-Unix等
前回は下調べもなく、体当たりだったので環境がぐちゃぐちゃ。
今度は多少調べたし、VM上での構築だから気楽です。

ユーザごとに設定する場合は
.login_conf に

me:\
:charset=UTF-8:\
:lang=ja_JP.UTF-8:\

以上を記入。


管理者で設定する場合は
/etc/login.conf に
以下を追記する。

japanese:Japanese Users Accounts:\
:charset=UTF-8:\
:lang=ja_JP.UTF-8:\
:tc=default


# cap_mkdb /etc/login.conf
として、設定の反映。

既存ユーザを変更する場合はvipwで
tetsuo:tetsuo:1001:0::0:0:tetsuo:/home/tetsuo:/bin/tcsh

tetsuo:tetsuo:1001:0:japanese:0:0:tetsuo:/home/tetsuo:/bin/tcsh

japanese を追記。


vim をインストール後の設定。
.cshrc を変更
alias vi vim
alias view vim -R
追記。

setenv EDITOR vi を
setenv EDITOR vim に変更。

%source ~/.cshrc
として設定の反映。

vimの文字コードにUTF-8を設定。

.vimrc に以下を追加。

set encoding=utf-8
set termencoding=utf-8
set fileencoding=utf-8
set fileencodings=ucs-bom,euc-jp,cp932,iso-2022-jp
set fileencodings+=,ucs-2le,ucs-2,utf-8

lv をインストール後、
.cshrc を編集。
alias man 'env LC_CTYPE=ja_JP.eucJP jman'

setenv PAGER lv
setenv LV '-Ou8'


% source ~/.cshrc
として設定反映。

lv の使い方というか文字コード変換については”Unicodeのテキストファイルをほかの文字コードに変換するには”を参照。

で終わり?

早速jmanを表示。
a0021920_18334991.gif

はうわ!なぞの文字列。
あ。日本語FONTじゃないってコト?
Poderosa で login してみると。
a0021920_18362652.gif

おぉ!できてる!!
ありがとうです。参照ページの方々!

参照ページ
Crimson Snow
UTF-8環境の構築
[PR]
by tenten909 | 2009-07-11 18:37 | PC-Unix等
ports で入れようとしたら、エラーの嵐で止まってしまいました。(T^T
素人の手にはおえないので、バイナリパッケージの導入。
# pkg_add -r gnome2
で、なんかいっぱい入った(汗)

.xsession の
exec wmaker をコメントにして、exec gnome-session を追記。

さっそく login 。
そこは、葉っぱの壁紙が目にあざやかすぎる、素人にやさしそうな印象のデスクトップ環境が広がっておりました。でも、まだなんか設定が足りないみたいでし。
詳細がわかるまで、封印。windowmaker に戻しました。
[PR]
by tenten909 | 2009-04-25 10:40 | PC-Unix等