Fedora13 にUpgradeしたらKVMのVMマシンが起動しない。
吐き出したエラーメッセージは以下の通り。
Jul 25 09:05:50 KVMsrv libvirtd: 09:05:50.971: error : qemudDomainGetVcpus:4795
: Requested operation is not valid: cannot list vcpu pinning for an inactive domain


今のところ打つ手なし(TAT)
[PR]
by tenten909 | 2010-07-25 11:23 | PC-Unix等
libvirtdが起動しない。

/var/log/messagesには

Jul 25 08:07:44 KVMsrv libvirtd: 08:07:44.459: error : virGetHostnameLocalhost:2
345 : internal error getaddrinfo failed for 'KVMsrv.localdomain.jp': Name or service not known


と出てます。ググっても解らず、とりあえず名前が引けてないならと/etc/hostsに
192.168.10.250 KVMsrv.localdomain.jp
と追記。

無事libvirtd起動!!(>o<)
[PR]
by tenten909 | 2010-07-25 08:59 | PC-Unix等
参照:[Fedora] Fedora 10 から Fedora 12 へのアップグレード (preupgradeで)

/bootの容量が足りず、upgradeできずにいましたが、抜け道があるようです。

先に/bootを残り100MB以下になるよう埋めてやります。
/boot 領域が200MBぐらいなので、100MBくらいの空ファイルを/bootに作成。
# dd if=/dev/zero of=/boot/dummy.file bs=1024 count=1024000

その後にpreupgrade。
Download Installer Imagesでエラーがでますが、コンティニューボタンを押し作業を進行させます。
a0021920_8495757.gif
rebootを要求されたら、rebootの前に先ほどの/boot/dummy.fileを削除。

その後rebootすれば/bootに必要ファイルをダウンロードして、upgradeの開始です。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
$ cat /etc/issue.net
Fedora release 13 (Goddard)
Kernel \r on an \m (\l)
[PR]
by tenten909 | 2010-07-25 08:52 | PC-Unix等
FireWall 停止
# /etc/rc.d/init.d/iptables stop ← ファイアウォール停止
# chkconfig iptables off ← ファイアウォール自動起動解除
# chkconfig --list iptables ← ファイアウォール自動起動解除確認
iptables 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off ← ランレベル全てのoff確認

SeLinux無効
[root@KVMserver ~]# getenforce ← SELinux状態確認
Enforcing ← SELinux有効
[root@KVMserver ~]# setenforce 0 ← SELinux無効化
[root@KVMserver ~]# getenforce ← SELinux状態確認
Permissive ← SELinux無効
[root@KVMserver ~]# vi /etc/sysconfig/selinux ← SELinux設定ファイル編集
SELINUX=enforcing

SELINUX=disabled ← システム起動時にSELinuxを無効化


[root@KVMserver ~]# echo "sshd:127.0.0.1" >> /etc/hosts.allow ← サーバー自身からのsshへのアクセスを許可
[root@KVMserver ~]# echo "sshd: 192.168.0." >> /etc/hosts.allow ← 内部(例:192.168.0.XXXからのsshアクセスを許可)
[root@KVMserver ~]# echo "sshd: ALL" >> /etc/hosts.deny ← sshへの全てのアクセスを禁止


root宛メール転送
[root@KVMserver ~]# sed -i '/^root:/d' /etc/aliases ← 旧root宛メール転送設定削除
[root@KVMserver ~]# echo "root: hoge@moge.com" >> /etc/aliases
 ← root宛メールを普段使用しているメールアドレス(例:hoge@moge.com)宛に転送する設定を追加
[root@KVMserver ~]# newaliases ← 転送設定反映
[root@KVMserver ~]# echo test|mail root ← テストメールをroot宛に送信してみる

NetworkManager OFF
[root@KVMserver ~]# chkconfig NetworkManager off
[root@KVMserver ~]# chkconfig --list NetworkManager
NetworkManager 0:off1:off2:off3:off4:off5:off6:off
[root@KVMserver ~]# /etc/rc.d/init.d/NetworkManager stop

[root@KVMserver ~]# chkconfig network on
[root@KVMserver ~]# chkconfig --list network
network 0:off1:off2:on3:on4:on5:on6:off
[root@KVMserver ~]# /etc/rc.d/init.d/network start

KVM関連install
# yum -y install kvm kmod-kvm qemu bridge-utils

Bridge設定
[root@KVMserver ~]# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
[root@KVMserver network-scripts]# cp ifcfg-eth0 ifcfg-br0
[root@KVMserver network-scripts]# vi ifcfg-br0
DEVICE=br0 # 変更

BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.0.255
HWADDR=00:14:85:F0:57:28
IPADDR=192.168.0.20
IPV6ADDR=
IPV6PREFIX=
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.0.0
ONBOOT=yes
TYPE=Bridge # 追記

[root@KVMserver network-scripts]# vi ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.0.255
HWADDR=00:14:85:F0:57:28
IPADDR=192.168.0.20
IPV6ADDR=
IPV6PREFIX=
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.0.0
ONBOOT=yes
BRIDGE=br0 # 追記
[root@KVMserver network-scripts]# cd
[root@KVMserver ~]# /etc/rc.d/init.d/network restart

[root@KVMserver ~]# modprobe kvm
[root@KVMserver ~]# modprobe kvm_amd
[root@KVMserver ~]# lsmod | grep kvm
kvm_amd 30876 0
kvm 152920 1 kvm_amd

virt-manager インストール
yum -y install virt-manager
[PR]
by tenten909 | 2010-03-05 07:18 | PC-Unix等
preupgrade を再度実行するも

以下のファイルシステムは容量を増やす必要があります
0 M on /mnt/sysimage/boot

0M って何!?

しょうがないので、DVDからUpgradeをこころみるも、こちらもパッケージの照合でエラーが出て終了。
12にするなっていう事?
[PR]
by tenten909 | 2009-11-23 10:37 | PC-Unix等
/bootにupgradeというフォルダーができ、/bootを圧迫していたようなので、一時的に/varへ移動。

/bootに使ってないモノもあるので、アンインストール準備。
起動バージョンの確認。
# uname -sr 

インストールされているkernelを調べる。
# rpm -qa | grep kernel

必要ないkernelを削除。
# rpm -e kernel-xxxxx

これでpreupgradeがいけるか!?
[PR]
by tenten909 | 2009-11-22 04:06 | PC-Unix等
そのままじゃ入らないので、リポジトリを追加。

まずgpgkeyをインポート。
# rpm --import http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms

yumリポジトリの追加。
# vi /etc/yum.repos.d/atrpms.repo
[atrpms]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - ATrpms
baseurl=http://dl.atrpms.net/f$releasever-$basearch/atrpms/stable
gpgkey=http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
gpgcheck=1

インストール。
# yum -y ffmpeg

参照サイト
ATrpms
http://atrpms.net/
installation instructionsを参考に。

各種ドキュメントは
/usr/share/doc/ffmpeg-0.5/doc  に。
[PR]
by tenten909 | 2009-11-22 03:13 | PC-Unix等
# preupgrade を実行ちう。
a0021920_0234073.gif

追記:
以下のファイルシステムは容量を増やす必要があります
17 M on /mnt/sysimage/boot
とでて、Upgrade 失敗したあ(>_<。
[PR]
by tenten909 | 2009-11-21 00:23 | PC-Unix等
UPgradeのガイドを読むと
# yum install preupgrade
でpreupgradeをinstallして
# preupgrade を実行すればヨカって書いてるように思うの。

だけど、いまは出て間もないからサーバーが混んでそうなので、しばらく様子見でやんす。とか言いつつDVDイメージをダウンロードちうちう。
[PR]
by tenten909 | 2009-11-19 00:19 | PC-Unix等
自宅のサーバーをFedora11 x64 にしてから、どうにもこうにも安定しないですねえ。
今も落ちてるみたいだし。
んー、別のOSに換えるべきなのかしらん。(>_<
[PR]
by tenten909 | 2009-07-30 18:06 | PC-Unix等