仮想マシン環境kvm-qemuやxen等の管理ソフト libvirt をインストールしたら管理用ユーザーに libvirt グループ(セカンダリグループ)を追加する。


$ sudo usermod -a -G libvirtd ユーザー名

usermod --help より引用

-a, --append ユーザを (-G で指定された) 補助グループ群
GROUPS に追加する。他のグループからの削除は
行わない。
-G, --groups GROUPS 新たな補助グループのリストを与える



$ sudo usermod $(whoami) -a -G libvirtd
[PR]
仮想環境だから遅いのは当たり前なんだけど、前環境(Fedora11)に比べても今の環境で実行すると遅く感じてました。ちょこちょこ思いついた事は試していましたが、これといって効果なしが続いていたのですけれど…今日、qemuの-driveオプションについて言及してるページに漂着。
http://research.sakura.ad.jp/2010/04/21/kvm-diskperf2/
モノは試しにと早速作業。

/etc/libvirt/qemu/ 以下にあるXML定義ファイルを編集。
変更前
<devices>
<emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>
<disk type='file' device='disk'>
<driver name='qemu' type='raw' cache='none' io='threads'/>
変更後
<devices>
<emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>
<disk type='file' device='disk'>
<driver name='qemu' type='raw' cache='writeback' io='threads'/>

編集が終わったらvirshコマンドの実行。
# virsh define /etc/libvirt/qemu/CentOS5.xml
ドメイン CentOS5 が /etc/libvirt/qemu/CentOS5.xml から定義されました

いままでと違って早くなったのが実感できます。
でも遅いんですけど。

cacheをwritebackにするのは必須のようです。
[PR]
by tenten909 | 2012-05-20 01:01 | PC-Unix等
以前CPU換装後にKVMのGUESTマシンがうまく起動しなくて色々やってるうちになんとなく動いてしまったので放っておいたのですが、ちょっとトラブルがありKVMのHOSTマシンを再起動すると、やっぱり動かない。症状再現です。
BIOSをじっくり見直してみましたが、問題になりそうなところはありません。

# lsmod | grep kvm
kvm_amd 30876 0
kvm 152920 1 kvm_amd
普通に返ってきます。

/var/log/messages を眺めていると
Jun 23 07:14:08 KVMsrv avahi-daemon[1622]: Withdrawing address record for fe80::
7ca7:1fff:fe18:9938 on vnet0.
Jun 23 07:14:08 KVMsrv kernel: br0: port 2(vnet0) entering disabled state
Jun 23 07:14:08 KVMsrv kernel: device vnet0 left promiscuous mode
なにやら怪しい雰囲気です。

試しに
# /etc/rc.d/init.d/avahi-daemon stop
Avahi デーモンを停止中: [ OK ]

で仮想マシンを起動すると無事起動!!
あたりか!?
んじゃ、もう起動しないでねと
[root@KVMsrv ~]# chkconfig avahi-daemon off
[root@KVMsrv ~]# chkconfig --list avahi-daemon
avahi-daemon 0:off1:off2:off3:off4:off5:off6:off

しばらくコレで様子をみます。
[PR]
by tenten909 | 2011-06-23 07:28 | PC-Unix等
Phenom x3 8450で動いているマシンにAthlon II x4 605e を載せてみようと計画。うまくいけば消費電力の大幅ダウンです。エコエコです。興味ないけど。
a0021920_1382454.jpg

マザーボードはAMD770+SB600 Jetway PA77GTA-VT です。
購入してから一度もBIOSのUPDATEをした覚えがないので、Athlon II が対応できるようにします。
幸いCPUのサポートリストに”AMD Athlon II x4 AD600EHDK42GI Propus 512K L2 x4 C2 2.2GHz 45W”と表記されています。

BIOSのUPDATEはFDDベース。久しぶりのFD起動なので、ディスクが腐ってないか心配です。
a0021920_1353323.jpg

BIOSをUPDATEできたらCPUの交換。CPUクーラーがでかくて、少しフィンを歪めてしまいました。
a0021920_1381013.jpg

最新BIOSになったにもかかわらず、POST画面でCPUはunknownと表示。なんかちょっとくやしい。

OSはFedora 11。実はOSが起動するかどうかが1番不安でしたが、1発で起動。
カーネルのバージョンを変えて起動しても大丈夫。

ところがです。
どうやっても仮想マシンが起動途中で落ちるのです。実マシンは問題ないのに!!
仮想マシンの登録をやり直したり、BIOSの設定を見直したりしましたが事態は変わらず。
qemuをコマンドラインから起動してもダメ。

再起動を繰り返す仮想マシンを眺めてたら、なんか吹っ切れて登録してる仮想マシン全部をスタートさせて再起動のループを眺めていたら、突然1つが起動。1つ起動するとまた一つと、結局全部起動。
再起動かけても大丈夫。頭の中は?????
結局、これは原因が解らず。ログをみてもヒントになりそうなモノはないし。

納得はいかないけど、結果オーライです(>_<)
無事3coreから4coreへ、しかも消費電力ダウン。
a0021920_1523774.jpg
a0021920_1524715.jpg

[PR]
virshを使ったコマンド操作では上手くいかなかったので、virt-managerを使ってGUIで操作。

イメージファイルの在処。
/var/lib/libvirt/images
設定ファイルの在処。
/etc/libvirt/qemu

移動させたいイメージファイルと対応する設定ファイルを別のマシンへコピー。今回はscpコマンドを使いました。
tetsuo@Ubuntu:~$ sudo su -
[sudo] password for tetsuo:
root@Ubuntu:~# cd /var/lib/libvirt/images/
root@Ubuntu:/var/lib/libvirt/images# scp Scientific.img root@kvmsrv:
root@kvmsrv's password:
Scientific.img 100% 5705MB 9.7MB/s 09:51
こんな感じで。
次からコピーしたマシンの操作。
# mv Scientific.img /var/lib/libvirt/images/
# virt-manager &
仮想マシンマネージャー下部にある新規ボタンをおして新規マシン作成準備。
a0021920_921897.jpg
名前をつけてLocal install mediaを選択して進むボタンをクリック。
a0021920_921244.jpg

Use ISO imageで適当なisoファイルを指定。ダミーみたいなもんなので、なんでもいいです。
次にHDD imageです。Select managed or other existing strageを選択し、閲覧ボタンをクリック。
a0021920_9214161.jpg

ストレージプールには先ほどコピーしたイメージが無いので、Browse Localボタンを押し、/var/lib/libvirt/images 以下にある先ほどコピーしたimageファイルを指定。
a0021920_9215712.jpg

次にAdvanced optionsを開きます。
a0021920_9221140.jpg

別窓で先ほどコピーした設定ファイルを開き、mac addressをコピー。
Advanced optionsのSet a fixed mac addressにペースト。
a0021920_9222766.jpg

この作業をわすれると、NICの設定が変わってしまい後で苦労します。
設定が完了したら指定していたisoイメージを読み込んでVMマシンが起動してきます。ここでなにもせずに終了。
a0021920_9223985.jpg

改めてVMマシンを起動させます。今度はHDDイメージから起動してきます。
a0021920_9225643.jpg

[PR]
by tenten909 | 2011-05-22 09:23 | PC-Unix等
Fedora11(KVM Machine)連続稼動234日目にて、メモリ増設のためシャットダウン、ご苦労さまです。
a0021920_2163521.gif

[PR]
by tenten909 | 2011-05-20 21:06 | PC-Unix等
仕事場Windows(Cygwin) > おうちLinux(CentOS) > KVM上のWindows へ接続。
Cygwinで
$ ssh -L 6000:192.168.10.250:5900 tetsuo@hoge.moge.jp
として接続。
オプション-Lを指定。6000の部分は任意の数字(ポート指定)。IPアドレスは目的のマシンのアドレス。5900はVNCのデフォルト設定で使用されるポート番号。

UltraVNC Client で localhost:6000
でWindowsへ接続。
a0021920_16234855.jpg
ちゃんと繋がった!♪
[PR]
virshで

list --all
で削除するマシンが停止している事を確認&マシン名の確認

undefine マシン名
定義ファイルの削除と登録の解除。

vol-delete 削除イメージのパス。
VMマシンのイメージファイルの削除。
[PR]
by tenten909 | 2010-08-02 06:13 | PC-Unix等
Karesansui Project

KVMのVMマシンをVirtManagerより細かく制御・監視できるようです。 :memo
[PR]
by tenten909 | 2010-07-31 17:24 | PC-Unix等
Fedora13 クリーンインストール状態を3度試しましたがダメでした。
結局Fedora11を入れ直し、勝手に書き換わった定義ファイルと自分で書き換えた定義ファイルを修正し、なんとか以前の状態へ。

いったんFedora13のKVMで起動を試したVMイメージは、定義ファイルのXMLが書き換わってしまって、Fedora11では正常に起動できなかった。

まさか同じDistributionで互換性が無いような状態になるとは思ってもみませんでした。(>_<)
[PR]
by tenten909 | 2010-07-28 01:46 | PC-Unix等