FireWall 停止
# /etc/rc.d/init.d/iptables stop ← ファイアウォール停止
# chkconfig iptables off ← ファイアウォール自動起動解除
# chkconfig --list iptables ← ファイアウォール自動起動解除確認
iptables 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off ← ランレベル全てのoff確認

SeLinux無効
[root@KVMserver ~]# getenforce ← SELinux状態確認
Enforcing ← SELinux有効
[root@KVMserver ~]# setenforce 0 ← SELinux無効化
[root@KVMserver ~]# getenforce ← SELinux状態確認
Permissive ← SELinux無効
[root@KVMserver ~]# vi /etc/sysconfig/selinux ← SELinux設定ファイル編集
SELINUX=enforcing

SELINUX=disabled ← システム起動時にSELinuxを無効化


[root@KVMserver ~]# echo "sshd:127.0.0.1" >> /etc/hosts.allow ← サーバー自身からのsshへのアクセスを許可
[root@KVMserver ~]# echo "sshd: 192.168.0." >> /etc/hosts.allow ← 内部(例:192.168.0.XXXからのsshアクセスを許可)
[root@KVMserver ~]# echo "sshd: ALL" >> /etc/hosts.deny ← sshへの全てのアクセスを禁止


root宛メール転送
[root@KVMserver ~]# sed -i '/^root:/d' /etc/aliases ← 旧root宛メール転送設定削除
[root@KVMserver ~]# echo "root: hoge@moge.com" >> /etc/aliases
 ← root宛メールを普段使用しているメールアドレス(例:hoge@moge.com)宛に転送する設定を追加
[root@KVMserver ~]# newaliases ← 転送設定反映
[root@KVMserver ~]# echo test|mail root ← テストメールをroot宛に送信してみる

NetworkManager OFF
[root@KVMserver ~]# chkconfig NetworkManager off
[root@KVMserver ~]# chkconfig --list NetworkManager
NetworkManager 0:off1:off2:off3:off4:off5:off6:off
[root@KVMserver ~]# /etc/rc.d/init.d/NetworkManager stop

[root@KVMserver ~]# chkconfig network on
[root@KVMserver ~]# chkconfig --list network
network 0:off1:off2:on3:on4:on5:on6:off
[root@KVMserver ~]# /etc/rc.d/init.d/network start

KVM関連install
# yum -y install kvm kmod-kvm qemu bridge-utils

Bridge設定
[root@KVMserver ~]# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
[root@KVMserver network-scripts]# cp ifcfg-eth0 ifcfg-br0
[root@KVMserver network-scripts]# vi ifcfg-br0
DEVICE=br0 # 変更

BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.0.255
HWADDR=00:14:85:F0:57:28
IPADDR=192.168.0.20
IPV6ADDR=
IPV6PREFIX=
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.0.0
ONBOOT=yes
TYPE=Bridge # 追記

[root@KVMserver network-scripts]# vi ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.0.255
HWADDR=00:14:85:F0:57:28
IPADDR=192.168.0.20
IPV6ADDR=
IPV6PREFIX=
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.0.0
ONBOOT=yes
BRIDGE=br0 # 追記
[root@KVMserver network-scripts]# cd
[root@KVMserver ~]# /etc/rc.d/init.d/network restart

[root@KVMserver ~]# modprobe kvm
[root@KVMserver ~]# modprobe kvm_amd
[root@KVMserver ~]# lsmod | grep kvm
kvm_amd 30876 0
kvm 152920 1 kvm_amd

virt-manager インストール
yum -y install virt-manager
[PR]
by tenten909 | 2010-03-05 07:18 | PC-Unix等
KVM で VMマシンをつくると、KVM設定ファイル(/etc/libvirt/qemu内のxml)がWindowsだと、'localtime'になってるのに、PC-Unixだとなぜか 'utc' になってるので 'localtime' に変更。
該当VMマシンが停止してからxmlを書き換えます。
a0021920_54061.gif
a0021920_5401795.gif

保存したら、virsh で
virsh # define /etc/libvirt/qemu/該当VMマシン.xml
これをしないと、設定が反映されない。
[PR]
by tenten909 | 2010-02-20 05:42 | PC-Unix等
XMLは
/etc/libvirt/qemu/
以下に。

imageは
/var/lib/libvirt/images/
以下に。
[PR]
by tenten909 | 2009-11-25 20:40 | PC-Unix等
KVM/QEMUをコマンドラインで扱うツール。であってるかな?

# virsh
で起動。

virsh # help
コマンド:

help ヘルプの表示
attach-device XML ファイルからデバイスを追加
attach-disk ディスク装置の接続
attach-interface ネットワークインターフェースを接続します
autostart ドメインの自動起動
capabilities 能力情報
connect ハイパーバイザーに(再)接続
console ゲストのコンソールに接続
create XML ファイルからドメインの作成
start (以前に定義した)停止状態のドメインの起動
destroy ドメインの強制停止
detach-device XML ファイルからデバイスを削除
detach-disk ディスク装置の削除
detach-interface ネットワークインターフェースの削除
define XML ファイルからドメインを登録(ただし起動しない)
domid ドメイン名または UUID をドメイン id に変換
domuuid ドメイン名または id をドメイン UUID に変換
dominfo ドメインの情報
domname ドメイン id または UUID をドメイン名に変換
domstate ドメインの状態
domblkstat ドメインのデバイスブロックの状態を取得します。
domifstat ドメインのネットワークインターフェースの状態を取得します。
dumpxml XML 形式のドメイン情報
edit edit XML configuration for a domain
find-storage-pool-sources discover potential storage pool sources
find-storage-pool-sources-as find potential storage pool sources
freecell NUMA 空きメモリー:
hostname ハイパーバイザーのホスト名を表示します
list ドメインの一覧を表示
migrate 他のホストにドメインを移動させる
net-autostart ネットワークの自動起動
net-create XML ファイルからネットワークの作成
net-define XML ファイルからネットワークを登録(起動はしない)
net-destroy ネットワークの停止
net-dumpxml ネットワークの情報を XML 形式で表示
net-edit edit XML configuration for a network
net-list ネットワークの一覧を表示
net-name ネットワーク UUID をネットワーク名に変換
net-start (事前に登録した)停止状態のネットワークの起動
net-undefine 停止状態のネットワークの登録削除
net-uuid ネットワーク名をネットワーク UUID に変換
nodeinfo ノード情報
nodedev-list enumerate devices on this host
nodedev-dumpxml node device details in XML
nodedev-dettach dettach node device its device driver
nodedev-reattach reattach node device its device driver
nodedev-reset reset node device
pool-autostart プールの自動起動
pool-build プールを構築
pool-create XML ファイルからプールの作成
pool-create-as 引数のセットからプールの作成
pool-define XML ファイルからプールを定義 (ただし起動しない)
pool-define-as 引数のセットからプールを定義
pool-destroy プールを破壊
pool-delete プールの削除
pool-dumpxml XML 形式のプール情報
pool-edit edit XML configuration for a storage pool
pool-info ストレージプール情報
pool-list プールの一覧を表示
pool-name プール UUID をプール名に変換
pool-refresh プールをリフレッシュ
pool-start (以前に定義した)停止状態のプールの起動
pool-undefine 停止状態プールの定義解除
pool-uuid プール名をプール UUID に変換
quit 対話式ターミナルの終了
reboot ドメインの再起動
restore ファイルに保存している状態からドメインを復元
resume ドメインの再開
save ドメインの状態をファイルに保存
schedinfo スケジューラーパラメーターを見る/設定する
dump 解析のためにドメインのコアをファイルにダンプします
shutdown ドメインを穏やかに停止
setmem メモリーサイズの変更
setmaxmem 最大メモリー上限の変更
setvcpus 仮想 CPU 数の変更
suspend ドメインの一時停止
ttyconsole tty コンソール
undefine 停止状態のドメインの削除
uri ハイパーバイザーの標準的な URI を表示します
vol-create XML ファイルからボリュームの作成
vol-create-as 引数のセットからボリュームの作成
vol-delete ボリュームを削除
vol-dumpxml XML 形式のボリューム情報
vol-info ストレージボリューム情報
vol-list ボリュームの一覧を表示
vol-path ボリューム UUID をボリュームパスに変換
vol-name ボリューム UUID をボリューム名に変換
vol-key ボリューム UUID をボリュームキーに変換
vcpuinfo ドメインの vcpu 情報
vcpupin 仮想 CPU アフィニティーの設定
version バージョンの表示
vncdisplay vnc 表示

virt-managerより細かく制御できるみたいだ。
[PR]
by tenten909 | 2009-11-25 20:30 | PC-Unix等
Ubuntu9.10 のvirt-manager から Fedora11のKVM上で動くVMマシンに接続できなかったのですが
/usr/share/virt-manager/virtManager/details.py
の 1236 行目。
argv += [ server, "nc", "-q", "0", vncaddr, str(vncport) ]
から、 "-q", "0", を削除。
argv += [ server, "nc", vncaddr, str(vncport) ]
に変更。
a0021920_311887.gif

やっと、接続できました!!
うれしい(>_<。
a0021920_3124454.gif

[PR]
by tenten909 | 2009-11-03 03:12 | PC-Unix等
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1213) Graphics console configured at vnc://root@192.168.10.253:5903
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1226) Starting connect process for 192.168.10.253 5903
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1158) Spawning SSH tunnel to 192.168.10.253, for 127.0.0.1:5903
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1181) Tunnel PID 27 FD 32097
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (engine:320) window counter incremented to 2
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1200) Trying console login
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1213) Graphics console configured at vnc://root@192.168.10.253:5903
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1226) Starting connect process for 192.168.10.253 5903
[火, 27 10月 2009 04:08:51 virt-manager 20488] DEBUG (details:1230) Tunnel already open, skipping open_tunnel.
[火, 27 10月 2009 04:08:55 virt-manager 20488] DEBUG (details:1126) VNC initialized


上が9.04の時、下が9.10。VNCがうまくいってない理由はなんなんだろ?
試行錯誤してるけど、そのうちUpdate1発で直ってしまうんだろうねえ…


[月, 02 11月 2009 18:45:34 virt-manager 4600] DEBUG (details:1278) Graphics console configured at vnc://root@192.168.10.253:5902
[月, 02 11月 2009 18:45:34 virt-manager 4600] DEBUG (details:1291) Starting connect process for root@192.168.10.253 5902
[月, 02 11月 2009 18:45:34 virt-manager 4600] DEBUG (details:1219) Spawning SSH tunnel to root@192.168.10.253, for 127.0.0.1:5902
[月, 02 11月 2009 18:45:34 virt-manager 4600] DEBUG (details:1242) Tunnel PID 25 FD 4609
[月, 02 11月 2009 18:45:41 virt-manager 4600] DEBUG (engine:324) window counter decremented to 1
[月, 02 11月 2009 18:45:41 virt-manager 4600] DEBUG (details:1250) Shutting down tunnel PID 4609 FD 25
[月, 02 11月 2009 18:45:44 virt-manager 4600] DEBUG (details:1173) VNC disconnected

[PR]
by tenten909 | 2009-11-03 00:24 | PC-Unix等
まず、ベースになってるFedora11が、だいたい30日くらいで固まるので、試験的にXを落としてます。
KVM上のCentOSも同様に7日~14日で固まるので、こちらもXを落として(init 3)運用中。
とりあえず連続17日目。
a0021920_1810065.gif

KVM上のWindowsは落ちることなく動いているようですが、こちらはまだエラーログとか未確認なので、なんとも・・・というか度重なる強制終了でシステムがおかしくなってるかもです(>_<。
[PR]
by tenten909 | 2009-10-28 18:11 | PC-Unix等
Host OS は FedoraCore 11
仮想マシンマネージャをubuntu にも導入してリモートでごにょごにょ。
ちかいうちに試した手順まとめます。
a0021920_147238.jpg

[PR]
by tenten909 | 2009-07-06 01:47 | PC-Unix等
第2回 KVMの導入と基本的な使い方
UbuntuのKVMで試す仮想化環境
KVM on ubuntu
Ubuntu + KVM + libvirt で仮想化
Ubuntu で KVM (Kernel-based Virtual Machine)
libvirt
Virtual Machine Manager
[PR]