MACのファイル共有機能を使ってUbuntuからMACへ接続してみます。

まずはMAC側の設定。
・システム環境設定
a0021920_1651642.jpg

インターネットとワイヤレス項目の共有アイコンをクリック。

□ファイル共有 にチェックをいれます。
オプションボタンを押して詳細の確認。
a0021920_1653086.jpg


□AFPを使用してファイルやフォルダを共有にチェックが入っている事を確認。
(□SMB~:これはWindowsとのファイル共有機能なので今回はパス。)
a0021920_1654437.jpg


Ubuntu側の作業。
Ubuntu側にAFPを理解してもらわないとダメなので、まずどんなパッケージがあるのか確認。
Ubuntuソフトウェアセンターでafpを検索。
a0021920_1625998.jpg


たくさん出てきた中にすでにインストールされているモノがあったので詳細を確認。
a0021920_1633640.jpg

GVFSというGNOMEデスクトップ環境の仮想ファイルシステム機能を使って色々なファイルシステムにアクセスできる仕組みですが、パッケージの説明の中にafpの文字がみえます。
Ubuntu側からアクセスするだけならインストールされているコノ機能だけでよさそうです。

Nautilusを開いてネットワークを表示をクリック。
a0021920_1635817.jpg

すでにMACが見えてます。
"登録ユーザー名"のMacBookPro (ファイル共有)をクリック。

いくつかアイコンがでてきました。
(文字化けしてるところはMacの登録ユーザーのパブリックフォルダーだと思われます。これも解決したいですが、今回はパスです。)
a0021920_1643664.jpg

ユーザー名のついたアイコンをクリックします。

ログインのためのダイアログが開くので
Connect As
○匿名(A)
●登録ユーザー(S) <--こちらにチェック。
a0021920_1644844.jpg

ユーザー名とパスワードを入力して接続するボタンをクリック。

MACの登録ユーザーのホームがマウントされました。
a0021920_165353.jpg

解除するには左側のネットワーク部分で▲ボタンを押してください。
[PR]
by tenten909 | 2013-08-21 16:06 | PC-Unix等
MacAppstoreを起動し、サインアウト後に終了。
ターミナルで
ユーザーのhome以下
Library/Caches/com.apple.appstore ディレクトリを削除。
a0021920_20474842.jpg


MacAppstoreにサインインしなおすと正常に動作しました。
[PR]
PowerMACエミュレータ SheepShaver でOS9を動かすための下準備。

アップルのサイトからMac の ROMのアップデータをダウンロード
ROMイメージ抽出ツール TomeViewer をダウンロード

TomeViewer を起動。
a0021920_4413765.jpg
ROM Updateを解凍。
a0021920_4415419.jpg
TomeViewer > File > open > アップデートファイル選択。
a0021920_4423787.jpg
ファイル内容の詳細を表すウィンドウが開いたら、Mac OS ROM を選択し、ウィンドウ内のアイコンをクリックして保存。
a0021920_4441099.jpg
a0021920_4441918.jpg
PowerMac実機での作業。
[PR]
ダウンロードしたLionはアプリケーションフォルダーにLionインストーラーアプリとして見えていますが、実体はフォルダーなので、アイコン上でcontrolキーを押しながらクリックし”パッケージの内容を表示”を選択します。
a0021920_82842100.jpg
Contents > SharedSupport > InstallESD.dmg これが本体。(バックアップをとるならこのファイル。)
念のため、別フォルダーにコピーします。
a0021920_828553.jpg
コピーが完了したらターゲットになるUSBメモリを準備。(4GB以上のもの)
a0021920_8293723.jpg
ディスクユーティリティを起動しソースにInstallESD.dmgを指定し、復元先にマウントされているUSBメモリのアイコンをドラッグ&ドロップして登録。
a0021920_8294857.jpg
復元ボタンを押したら作成開始です。
a0021920_8295788.jpg

[PR]
Mac のデスクトップにSystemの入ったHDDアイコン表示したいと前に言われたのを思い出しました。
Finderを開いて、メニュー Finder > 環境設定
a0021920_17322059.jpg
デスクトップに表示する項目 > ハードディスク にチェックを入れる。
a0021920_1733339.jpg

[PR]
a0021920_231535.jpg
ダウンロード終了と同時にインストーラーが走るという悪なシステム…ダウンロードされたLionインストーラーはアプリケーションフォルダーにあったのに、アップグレード終了後には見当たらない。むぅ。

アプリケーションフォルダにできた、インストールアプリ(実体はフォルダー)の中にImageFileがあります。
Install Mac OS X Lion.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg


アップグレード作業の間、猫たちの妨害工作からMacBookProを守りぬくのも大変。
暖かい(熱い)から上に乗りたがる(>_<)
[PR]
ちまちまダウンロードちう。
a0021920_2355246.jpg
今週中にアップグレードできるか…
[PR]
HDDをフォーマットして新規インストール。
OSX 10.5 と見た目が変わらないので、新鮮さはないですよね。
中身はすんごい変革らしいけど。そゆのは使う人にはわからんですよ(汗
a0021920_23235510.jpg

[PR]
はやくセットアップしたいのだけど、片付けが終わらない&背景がある&病院の検査とイベントてんこ盛りなので、全然手がつけられない><
a0021920_12245341.jpg

[PR]
MacBookシリーズで本体を閉じて外部ディスプレイにつないで使う方法はクラムシェルモードって言うのね。
きっと3日したら忘れるのでメモ。

PowerBookはもっとカンタンだったのに…ブツブツ。

USB キーボードとマウスをコンピュータに接続してから電源を入れ、外部ディスプレイにつないでデスクトップが表示されたら蓋を閉じる。蓋を閉じたままでスリープ状態を解除するには、マウスのボタンをクリックorUSBキーボードのキーを押す。
[PR]