SGI O2 。超久しぶりに電源投入。
IRIX上でのアプリケーションしか操作した事がないので、特有のコマンドとかほとんどわからず(汗)
スクリーンキャプチャするのにもgoogle先生にお伺いする有様。
参照サイト ほげり:IRIX Tips
http://masahiko.phome.org/computers/irix/irix.html
$ scrsave scr.rgb
.rgbはSGIの独自フォーマットなのかな?
a0021920_1382353.gif
電源いれても、なかなかHDDがまわらないし、モニターも途中でパツン!と落ちてしまうしでハラハラ、ドキドキ。動態保存も難しいですね。
[PR]
rootで入って
panel > SCO Admin > System Administration on unixware
Networking > Network Configuration Manager
Protocol メニュー > Modify protocol configuration
a0021920_184980.gif

/etc/resolv.conf のnameserver の確認。

bashのパスは /linux/bin/bash1 or bash2。
人生2度目のunixware体験でした。
[PR]
by tenten909 | 2011-04-14 18:04 | PC-Unix等
SCO UnixWare 7
a0021920_2343441.gif
コマンドなんて知りませんよおーとか言ったらSolaris触ったことあるんなら大丈夫とかなんとか。(フィクションです><)
記念のスクリーンショットを頂きました。
[PR]
by tenten909 | 2010-05-16 21:24 | PC-Unix等
#smpatch analyze
[Fatal Error] :1:1: Content is not allowed in prolog.
Parsing error , line 1, uri null
Content is not allowed in prolog.
Failure: MemoryPatchDBBuilder: Patch list version of null is malformed.

このようなメッセージがでる。ググると
Sun Update Connection-System / Hosted, Patch Manager & PatchPro Forum - smpatch via lsp message "Failure: MemoryPatchDBBuilder: Patch list version"

ココにたどりついたです。とにかく試してみたところ…

# smpatch get
# ls -l /var/sadm/spool/cache/Database/current
# patchsvr setup -l

これだけで、通常の動作に戻りました(汗)
原因も解決方法の根本も解っていないので、一応メモ。
[PR]
by tenten909 | 2009-12-16 19:42 | PC-Unix等
#smpatch analyze
#smpatch update
で、うまくあたらないモノが。

参照サイト
Solaris 10 smpatch
Solaris smpatch あたらない

基本的には
# smpatch add -i xxxxxx-yy(パッチid)
でいいみたい。
それもダメなら
# smpatch add -x idlist=/var/sadm/spool/disallowed_patch_list
# init 6

ふむふむ。

あと、メモ。
うまくレジストできないことがあったので。
# cp /usr/lib/breg/data/RegistrationProfile.properties /tmp
# vi /tmp/RegistrationProfile.properties
userName=
password=

# /usr/sbin/sconadm register -a -r /tmp/RegistrationProfile.properties
[PR]
by tenten909 | 2009-07-17 21:28 | PC-Unix等
nwamd : Network Auto-Magic デーモン とやらの状態確認と停止。
# svcs svc:/network/physical
STATE STIME FMRI
disabled 10:19:24 svc:/network/physical:nwam
online 10:19:27 svc:/network/physical:default

# svcadm disable svc:/network/physical:nwam

# svcs svc:/network/physical
STATE STIME FMRI
disabled 10:19:24 svc:/network/physical:nwam
online 10:19:27 svc:/network/physical:default

こっち(svc:/network/physical:default)をofflineにするとsshで他の端末から接続できなくなった。わかんないことだらけなあ。

もとからあるnsswitch.confをnsswitch.dnsで上書きしてやる。
これをしないとWEBブラウズできないのんー
# cp /etc/nsswitch.conf /etc/nsswitch.conf.org
# cp /etc/nsswitch.dns /etc/nsswitch.conf

以下、確認。
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/hostname.rtls0
192.168.10.102
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/netmasks
192.168.10.0 255.255.255.0
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/defaultrouter
192.168.10.1
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/nodename
solarisOP
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/resolv.conf
domain hogehoge.org
nameserver 192.168.10.1

参照サイト:
OpenSolaris 固定IP
[PR]
by tenten909 | 2009-04-14 10:07 | PC-Unix等
以下、引用。
smpatchでSolaris10を最新の状態にする
Sun Onlineのアカウントを/tmp/registrationprofile.properties等のファイルに記述する。

userName=hogehoge
password=mogemoge
hostName=
subscriptionKey=
portalEnabled=false
proxyHostName=
proxyPort=
proxyUserName=
proxyPassword=

# sconadm register -a -r /tmp/registrationprofile.properties

コマンドが成功するとsmpatchが実行可能な状態になる。とりあえず、必要なパッチを調査するには、

# smpatch analyze

アップデートを適用するには、

# smpatch update



Solaris10でパッチのインストール

bash-3.00# cd /var/sadm/spool
bash-3.00# ls
118346-01.jar 119075-06.jar 119831-01.jar
118370-02.jar 119374-02.jar 119850-01.jar
118371-03.jar 119685-02.jar cache
118550-01.jar 119689-02.jar disallowed_patch_list
118564-02.jar 119828-01.jar patchproSequester

bash-3.00# smpatch add -x idlist=disallowed_patch_list -d /var/sadm/spool

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最新版では必要ないのかもしれない…
[PR]
by tenten909 | 2009-04-14 05:49 | PC-Unix等
solaris 10/08 は install 時に companion CD の install を聞いてくれないみたい。
なので、 / のパーテションを大きめにとっておいて、solaris install 後に手動でセットアップすることに…
install 方法は companion CD の readme ファイルに書いてあるとおり。

1.
/var/tmp/adminファイルを作成。
中身は、
mail=
conflict=nocheck
setuid=nocheck
action=nocheck
partial=nocheck
instance=overwride
independ=nocheck
rdepend=nocheck
space=check

2.
/cdromの下、i386のPackageフォルダに移動。

3.
# pkgadd -a /var/tmp/admin -d `pwd`

とすれば、セットアップが始まる。
[PR]
by tenten909 | 2009-04-07 16:48 | PC-Unix等
xwd ってコマンドを使うみたい。UbuntuやCentOS に入ってる事も確認。
古参の人々には当たり前すぎるコマンドらしい(汗)
$ xwd -root > test.xwd
とすれば全画面をキャプチャ。
正しくは
$ xwd -root -out test.xwdなのかも。


参照ページ:X のスクリーンショットを撮る

画像はテストでSolaris10 の CDE デスクトップ。
a0021920_921618.jpg

[PR]
by tenten909 | 2009-04-04 09:04 | PC-Unix等