タグ:solaris ( 15 ) タグの人気記事

今回セットアップしたSolaris10は古いリリースのモノでした(>_<
# cat /etc/release
Solaris 10 3/05 s10_74L2a X86
Copyright 2005 Sun Microsystems, Inc. All Rights Reserved.
Use is subject to license terms.
Assembled 22 January 2005

vncサーバのインストール
Solaris 10 Software Companion CDを使ってvncサーバーをインストール。

# pkgadd -d /cdrom/s10_software_companion/components/i386/Packages/ SFWvnc

services設定

/etc/inet/servicesファイルに以下のサービス登録を追加。
vnc-1440x900x24 5900/tcp

inetd設定
/etc/inetd.confファイルの末尾に次の行を追加し反映させます。
vnc-1440x900x24 stream tcp nowait nobody /opt/sfw/bin/Xvnc Xvnc -inetd -query localhost -once -geometry 1440x900 -depth 24

# inetconv


dt関係設定

以下の2つのファイルを/etc/dt/config/配下にコピー編集します。
まず/etc/dt/config/ディレクトリ作成から。
mkdir -p /etc/dt/config
cp /usr/dt/config/Xservers /etc/dt/config
cp /usr/dt/config/Xsetup /etc/dt/config

/etc/dt/config/Xserversの修正
最終行の以下をコメントにします。

# :0 Local local_uid@console root /usr/X11/bin/Xserver :0 -nobanner

(#↑を入れると本体側がコンソールログイン画面になります。#をはずすとVNC接続はできないようです。:確認中)


/etc/dt/config/Xsetupの修正
以下を、ファイルの最後に追加。

chmod o+w /tmp/.X11-unix


再起動します。

a0021920_173748.jpg
a0021920_18135127.jpg
a0021920_18233916.gif


参照サイト
hamaのページ vnc Solaris
http://www22.atwiki.jp/hama170628/pages/64.html


memo:
topコマンドの代わりにprstat
a0021920_1791343.jpg

[PR]
by tenten909 | 2012-03-24 17:04 | PC-Unix等
Scientific Linux 6 のKVM上にセットアップ。
VMマシンの作成の時に、OSの種類とバージョンを全般のまますすめる。UNIX / Solarisを選ぶと起動しない。
起動にはかなり時間がかかる。

各種設定or確認
(ファイルが存在しない事もあった。)

インストール完了後、解像度の再設定。
rootでコンソールログイン。
# kdmconfig
設定のユーティリティが起動する(英語)。
カーソルキーで移動、スペースで選択。F2で決定。

ホスト名を設定         
/etc/nodename 記述:一行でhost名を記述。
#vi /etc/nodename
solaris10

/etc/hostsにsolari10 IPアドレスを記述 。
/etc/hostaname.NIC名にsolaris10を記述 。

ドメイン名を設定
/etc/defaultdomain 記述:一行でドメイン名を記述。
#vi /etc/defaultdomain
example.com

ゲートウェイを設定
/etc/defaultrouter 記述:一行でゲートウェイのIPアドレスを記述。
#vi /etc/defaultrouter
192.168.10.254

サブネットマスクの設定          
/etc/netmask 記述:ネットワークアドレスとサブネットを並べて記述。
#vi /etc/netmask
192.168.10.0 255.255.255.0

名前解決の設定          
/etc/resolv.conf 記述:以下のように記述。(domainを記述すると管理コンソールが起動しない事がある)
#vi /etc/resolv.conf
domain example.com
nameserver 192.168.10.100
(domainを記述すると管理コンソールが起動しない事がある。その場合はdomainをコメントに。)

名前解決の順番を決定        
/etc/nsswitch.conf
hosts: dns files

hostsファイルによる名前解決          
/etc/hosts 記述:ホスト名 IPアドレスで記述。
#vi /etc/hosts
solaris10 192.168.10.50


*ifconfig host名 downした後にifcconfig host名 up することで設定反映。
a0021920_3183393.gif


参照サイト
solarisネットワーク設定
http://www.rose.sannet.ne.jp/nterasim/solaris/solarisnet.html
パソコンふぉあ障害者ず Solaris10(インストール-各種設定 Xsun-)
http://www9.ocn.ne.jp/~pcvolu/pcnet/solapage124.htm
[PR]
by tenten909 | 2012-03-24 03:19 | PC-Unix等
Solaris 10でvncserverサービス設定
http://blogs.yahoo.co.jp/cyksart/42967053.html
vncserverの解像度を変える。 (open solaris)
http://blogs.yahoo.co.jp/chototsu_moushinp/41058681.html

# svccfg
svc:> select xvnc-inetd
svc:/application/x11/xvnc-inetd> editprop

vim と同じ操作系のエディタが起動。
# setprop inetd_start/exec = astring: ("/usr/X11/bin/Xvnc -inetd -query localhost -once securitytypes=none")
の行を
setprop inetd_start/exec = astring: ("/usr/X11/bin/Xvnc -inetd -query localhost -once securitytypes=none -geometry 1440x900 -depth 24")
に変更して保存。(これで、1440x900 24bit になります。)

svc:/application/x11/xvnc-inetd> quit
# svcadm refresh xvnc-inetd

a0021920_4445722.gif

[PR]
by tenten909 | 2011-04-30 04:45 | PC-Unix等
Solaris 10 10/08 VNC Server 設定
http://blogs.sun.com/edu/entry/solaris_10_10_08_vnc

$ su -
# bash
rootになってbash起動。

bash-3.00# svcs xvnc-inetd
STATE STIME FMRI
disabled 18:44:06 svc:/application/x11/xvnc-inetd:default
installはされていて、無効化されてるようです。

bash-3.00# cd /etc/X11/gdm
bash-3.00# cp gdm.conf custom.conf
bash-3.00# vi custom.conf
[xdmcp]
Enable=true
trueに変更して保存。

bash-3.00# svcadm enable gdm2-login
gdmサービスの有効化。

/etc/servicesファイルに追記するのですが、/etc/inet/services へのリンクになっている上、元ファイルが書き込み禁止になっているので、
bash-3.00# chmod u+w /etc/inet/services
bash-3.00# ls -l /etc/inet/services
-rw-r--r-- 1 root sys 4659 4月 30日 03:22 /etc/inet/services
bash-3.00# vi /etc/inet/services

vnc-server 5900/tcp
上記の行を追記。ディスプレイ番号を5に変更するなら5905/tcpと設定する。

最後にxvnc-inetd サービスを有効にする。
bash-3.00# svcadm enable xvnc-inetd

サーバー側の設定は終了です。
a0021920_472612.gif

[PR]
by tenten909 | 2011-04-30 04:09 | PC-Unix等
#smpatch analyze
[Fatal Error] :1:1: Content is not allowed in prolog.
Parsing error , line 1, uri null
Content is not allowed in prolog.
Failure: MemoryPatchDBBuilder: Patch list version of null is malformed.

このようなメッセージがでる。ググると
Sun Update Connection-System / Hosted, Patch Manager & PatchPro Forum - smpatch via lsp message "Failure: MemoryPatchDBBuilder: Patch list version"

ココにたどりついたです。とにかく試してみたところ…

# smpatch get
# ls -l /var/sadm/spool/cache/Database/current
# patchsvr setup -l

これだけで、通常の動作に戻りました(汗)
原因も解決方法の根本も解っていないので、一応メモ。
[PR]
by tenten909 | 2009-12-16 19:42 | PC-Unix等
#smpatch analyze
#smpatch update
で、うまくあたらないモノが。

参照サイト
Solaris 10 smpatch
Solaris smpatch あたらない

基本的には
# smpatch add -i xxxxxx-yy(パッチid)
でいいみたい。
それもダメなら
# smpatch add -x idlist=/var/sadm/spool/disallowed_patch_list
# init 6

ふむふむ。

あと、メモ。
うまくレジストできないことがあったので。
# cp /usr/lib/breg/data/RegistrationProfile.properties /tmp
# vi /tmp/RegistrationProfile.properties
userName=
password=

# /usr/sbin/sconadm register -a -r /tmp/RegistrationProfile.properties
[PR]
by tenten909 | 2009-07-17 21:28 | PC-Unix等
いままで、
# shutdown -y -i0 -g0
とか打っていたんだけど、たんに
# poweroff
で、いいんだって。無知とは悲しい…
[PR]
by tenten909 | 2009-04-21 14:17 | PC-Unix等
nwamd : Network Auto-Magic デーモン とやらの状態確認と停止。
# svcs svc:/network/physical
STATE STIME FMRI
disabled 10:19:24 svc:/network/physical:nwam
online 10:19:27 svc:/network/physical:default

# svcadm disable svc:/network/physical:nwam

# svcs svc:/network/physical
STATE STIME FMRI
disabled 10:19:24 svc:/network/physical:nwam
online 10:19:27 svc:/network/physical:default

こっち(svc:/network/physical:default)をofflineにするとsshで他の端末から接続できなくなった。わかんないことだらけなあ。

もとからあるnsswitch.confをnsswitch.dnsで上書きしてやる。
これをしないとWEBブラウズできないのんー
# cp /etc/nsswitch.conf /etc/nsswitch.conf.org
# cp /etc/nsswitch.dns /etc/nsswitch.conf

以下、確認。
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/hostname.rtls0
192.168.10.102
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/netmasks
192.168.10.0 255.255.255.0
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/defaultrouter
192.168.10.1
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/nodename
solarisOP
tetsuo@solarisOP:~$ cat /etc/resolv.conf
domain hogehoge.org
nameserver 192.168.10.1

参照サイト:
OpenSolaris 固定IP
[PR]
by tenten909 | 2009-04-14 10:07 | PC-Unix等
以下、引用。
smpatchでSolaris10を最新の状態にする
Sun Onlineのアカウントを/tmp/registrationprofile.properties等のファイルに記述する。

userName=hogehoge
password=mogemoge
hostName=
subscriptionKey=
portalEnabled=false
proxyHostName=
proxyPort=
proxyUserName=
proxyPassword=

# sconadm register -a -r /tmp/registrationprofile.properties

コマンドが成功するとsmpatchが実行可能な状態になる。とりあえず、必要なパッチを調査するには、

# smpatch analyze

アップデートを適用するには、

# smpatch update



Solaris10でパッチのインストール

bash-3.00# cd /var/sadm/spool
bash-3.00# ls
118346-01.jar 119075-06.jar 119831-01.jar
118370-02.jar 119374-02.jar 119850-01.jar
118371-03.jar 119685-02.jar cache
118550-01.jar 119689-02.jar disallowed_patch_list
118564-02.jar 119828-01.jar patchproSequester

bash-3.00# smpatch add -x idlist=disallowed_patch_list -d /var/sadm/spool

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最新版では必要ないのかもしれない…
[PR]
by tenten909 | 2009-04-14 05:49 | PC-Unix等
solaris 10/08 は install 時に companion CD の install を聞いてくれないみたい。
なので、 / のパーテションを大きめにとっておいて、solaris install 後に手動でセットアップすることに…
install 方法は companion CD の readme ファイルに書いてあるとおり。

1.
/var/tmp/adminファイルを作成。
中身は、
mail=
conflict=nocheck
setuid=nocheck
action=nocheck
partial=nocheck
instance=overwride
independ=nocheck
rdepend=nocheck
space=check

2.
/cdromの下、i386のPackageフォルダに移動。

3.
# pkgadd -a /var/tmp/admin -d `pwd`

とすれば、セットアップが始まる。
[PR]
by tenten909 | 2009-04-07 16:48 | PC-Unix等