タグ:ubuntu ( 121 ) タグの人気記事

おまじない。
ユーザーにサブグループ追加してログインし直し。

書式:sudo usermod -G vboxusers ユーザー名
例:
$ sudo usermod -a -G vboxusers tetsuo
[PR]
by tenten909 | 2013-09-01 23:04 | PC-Unix等
Oracle VM VirtualBox
https://www.virtualbox.org/‎
a0021920_1914151.jpg

Downloadsページで自分の使っているヴァージョンを確認してダウンロード。
自分はubuntu 13.04 64bit(AMD64)。
a0021920_19122435.jpg

VirtualBox 4.2.16 Oracle VM VirtualBox Extension Pack All supported platforms
これも一緒にダウンロードしておきます。

ダウンロードしたVirtualboxインストール用debパッケージをダブルクリック。
a0021920_19142044.jpg

Ubuntuソフトウェアセンターが起動してくるので、インストールボタンをクリック。

続いてExtension Packのインストール。
a0021920_19145677.jpg

ダウンロードしておいたExtension Packのインストーラーをダブルクリック。
a0021920_19144162.jpg

使用許諾、ライセンス情報のダイアログはスクロールバーを一番下まで持っていかないと次へ進めません。
あと途中で求められるパスワードは使っているシステム(Ubuntu)のログイン用パスワード。
a0021920_19151486.jpg


インストール後はdashでvirと打てばでてきます。
a0021920_1915252.jpg


KVM - QEMUもいいんだけど、サーバー用途でないかぎりVirtualBoxの方が断然使い勝手がいいですよねえ。
あ。VirtualBoxもコマンドラインから操作するユーティリティが存在しますよ。
[PR]
by tenten909 | 2013-09-01 19:16 | PC-Unix等
仮想マシン環境kvm-qemuやxen等の管理ソフト libvirt をインストールしたら管理用ユーザーに libvirt グループ(セカンダリグループ)を追加する。


$ sudo usermod -a -G libvirtd ユーザー名

usermod --help より引用

-a, --append ユーザを (-G で指定された) 補助グループ群
GROUPS に追加する。他のグループからの削除は
行わない。
-G, --groups GROUPS 新たな補助グループのリストを与える



$ sudo usermod $(whoami) -a -G libvirtd
[PR]
やっと使える感じのアプリに出会ったので、メモ。

Ubuntuソフトウェアセンターからインストール可能。
a0021920_13102857.jpg

新規作成プロファイル。
出力時設定
HD 720p 23.98fps(アニメ設定[24fps])
(1080i 23.98fps も検証中)
a0021920_13104029.jpg


プロファイルと編集ムービー素材の不一致のため変更をうながされますが、キャンセルします。
a0021920_13113586.jpg



出力(レンダリング)設定。
H.264
ビデオ:1500
オーディオ:192 オーディオのエクスポートにチェック。
完全プロジェクト
a0021920_1311429.jpg


24分でおおよそ300MB。
30fps > 24fps へ変更しても今のところ音ズレなし。
[PR]
by tenten909 | 2013-07-17 13:11 | PC-Unix等
K3bでDLメディアを焼くと失敗するので、K3bの設定メニューからシステム権限のセットアップ。
a0021920_2185528.jpg

cdrecord のチェックボックスにチェックを入れてOK。
今のところ、これで上手に焼けてます。まだほかの要素が原因な可能性を疑っていますけどね。
a0021920_219278.jpg

[PR]
by tenten909 | 2012-11-18 21:09 | PC-Unix等
RADEON HD4830を使っていたのですが、起動時にこける事が多くて交換に踏みきりました。
12.10にアップグレードしてから ATI Driver (fglrx) 等を使用していないようでしたので、これといった下準備もせずにサクッと交換作業。
a0021920_0424224.jpg

GeFroce 5xxシリーズが出揃ったころに買い置きしていたnVIDIA GeForce GT520 です。ATI(AMD)からnVIDIAへの乗り換えは一度失敗してるので不安でしたが…

1度目は起動失敗。2度目は古いカーネルを指定して起動。3度目は最新のカーネルで普通に起動しました。ですが、なんだか様子がおかしい…とにかくnVIDIAのDriverをいれようとシステム設定の追加のドライバーを見にいったのですが…無いんですよ、あの見慣れたアイコンが。 (jockye-kde / jockey-gtkとか言うのが正式な名前らしいです。)
a0021920_049475.jpg


困った時のGoogle先生とコマンド入力。
sudo apt-get --no-install-recommends install nvidia-current nvidia-settings libvdpau1
sudo nvidia-xconfig
この後再起動すると、デスクトップの様子も落ち着きました。

で、自分も落ち着いてきたのでじっくり観察すると、追加のドライバーの項目がありました。設定場所が変更になっていたようです。
システム設定 > ソフトウェアソース > 追加のドライバー タブ
a0021920_0502483.jpg

[PR]
by tenten909 | 2012-11-16 00:53 | PC-Unix等
起動時にエラーメッセージがでるようになってました。
メッセージは
failed to load file amd-ucode/microcode_amd.bin

とりあえずGoogle先生にお願いしてみるとamd64-microcodeというモノがあるらしいとの事だったので、ダメ元でコマンドを打ってみました。

sudo apt-get install amd64-microcode

一応起動時のメッセージは消えたようですが…不安は残ります。
しばらく様子見です。
[PR]
by tenten909 | 2012-11-16 00:35 | PC-Unix等
a0021920_1945109.jpg
アップグレード作業前にAMDのグラフィックドライバを削除。
sudo apt-get purge fglrx*
sudo apt-get purge xserver-xorg-video-ati xserver-xorg-video-radeon
sudo dpkg-reconfigure xserver-xorg
このおまじないが効いたのか、前回と違って再起動後にすんなりLightDMが立ち上がってきました。

前回同様、CompizConfig設定マネージャでSnapping Windowsをはずして、揺れるウィンドウを有効にしました。

あと、VLCでのメディアファイル再生時に音声が乱れる事があったので、オーディオの出力モジュールを標準からALSAへ変更しています。
a0021920_19471053.jpg

[PR]
by tenten909 | 2012-11-07 19:47 | PC-Unix等
【まどか☆マギカ】 作中イヌカレーが使用していた、魔女文字フォントが完成する
http://mac8080.blogbus.com/logs/123674947.html
↑こちらを参照してMadokaRunes.zip をダウンロードし解凍。解凍してできたフォントファイルをダブルクリックしフォントビューワーを起動。右下にあるインストールボタンでインストール完了。
a0021920_13361310.jpg
なるほど。ワカランw
a0021920_13362963.jpg
a0021920_13363568.jpg

[PR]
by tenten909 | 2012-11-02 13:36 | PC-Unix等
GRUBメニューから古いカーネルを指定してなんとか起動までこぎつけました。
そこで、
sudo dpkg-reconfigure fglrx
とコマンドを実行。

再起動すると無事あたらしいカーネルで起動できました。
[PR]
by tenten909 | 2012-09-27 17:48 | PC-Unix等